カタルーニャ州のペネデス地方といえば、スペインスパークリングワイン「Cava(カヴァ)」の産地としてご存知も多いのではないでしょうか?

しかし、ペネデス地方は、カヴァだけでなくスペイン屈指の高級ワイン産地でもあります!

今回は、ペネデスワインの特徴と魅力をお伝えします。さらに、おすすめのD.Oペネデス白ワイン「アベジェロル(Abellerol)」をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

D.O.ペネデスについて

ペネデス地方は、スペインのバルセロナ47自治体とタラゴナ17自治体にまたがるワイン産地のことを指します。ペネデスではヨーロッパの中でも最も古くからワイン栽培が行われている地域の一つで。紀元前4世紀前からぶどう栽培が行われていたと言われています。

ペネデスでは、カヴァを多く生産しており、スペインカヴァ総生産の9割を占めています。一方、スティルワインにおいても赤白ともに高品質なワインを生産することで広く知られています。

ペネデスワインの特徴

ペネデスワインは、スペイン最高峰とも言われるリオハワインに次いで、素晴らしいワインを生産する地域として、高い評価を受けています。

ペネデスワインの味わい

ペネデスで造られる白ワインの多くは、冷涼な地域で栽培されており、マカベオ種、チャレッロ種、パレリャーダ種がメインぶどう品種です。近年では、マスカット・オブ・アレキサンドリア種、リースリング種、シャルドネ種にも力を入れており、柑橘系のアロマ、スッキリとした酸に爽やかな味わいを特徴とします。

ペネデスの赤ワインを栽培する地域は、寒暖差が激しい地域であることから、糖度の高い赤ワインとなる傾向にあり、イチジクやプレーンといったフルーティーな甘みを感じられます。華やかなアロマと穏やかな酸味を特徴とし、柔らかな味わいを持ちます。

特にカリニェナ種、ガルナッチャ種、テンプラニーリョ種、モスカテル種など熟成向けのボルドーワインが有名で、繊細さと華やかさのあるペネデス赤ワインは、南のピノノワールとも言われており、注目を集めています。

ペネデスのテロワール

ペネデスは、夏は暑く、冬は温暖な地中海性気候。年間降水量は900m以上を超え、スペイン内でも雨の多い地域です。

土壌はぶどう栽培に適した石灰質土壌を持っています。年間を通じて暖かく、降水量も多いため、高品質なぶどうを栽培することができます。

ペネデス地域のぶどう畑は、内陸の山々と地中海沿岸に位置しており、それぞれの場所によってテロワールが大きく異なります。そのためペネデスでは、ワイン産地を以下の3つのゾーンに分けてぶどう栽培を行っています。


産地名

特徴

主なぶどう品種

ペネデス・スペリオール

標高850mの高地で3つの中で最も内陸部にあります。降水量が多く、冷涼な地域。低収穫・高品質を特徴とする。

パレリャーダ、リースリングなど

(白ワイン)

ペネデス・セントラル

標高は約250〜500mの南西部に位置し、ペネデス全体生産量の60%を占める。

チャレッロ、マカベオなど

(カヴァ)

ペネデス・マリティム

標高250m以下の地中海沿岸の低地にあり、3つの中で最も温暖な地域。

ガルナチャ、テンプラニーリョ、カリニェーナ、モナストレル(ムールヴェードル)、マルバジア・ダ・シッチェスなど

(白ワインと赤ワイン)


内陸山脈の近くにあるペネデス・スペリオールでは主にパレリャーダとリースリングからできる軽くて繊細な白ワインを特徴としています。一方、中央に位置するペネデス・セントラルでは、主にチャレッロ、マカベオからできる高品質なカヴァを造っています。さらに、海側の地域にあたるペネデス・マリティムは最も低地で、温暖な気候を特徴としており、赤白ともに生産している地域で、特に質の高い白ワインが造られている地域です。

D.O.ペネデスのおすすめ白ワイン「アベジェロル(Abellerol)」


【商品情報】 

商品名

アベジェロル(Abellerol)

生産者

ボデガス・トレ・デル・ベゲール (Bodegas Torre del Vegue)

ビンテージ

2020年

設立

1878年

おすすめ料理

生春巻き、帆立貝のカルパッチョ、大根や春菊のサラダ、ヤリイカのフリットなど

生産国

スペイン 

地域

D.O.ペネデス(D.O. Penedès)

ぶどう品種

マスカット・デ・フロンディジャン 100%

発酵容器

ステンレススチールタンク

熟成方法

3か月シュールリー/5,000L ステンレススチールタンク

発酵期間

15日間

度数

12.5%

テイスト

ドライ

飲み頃の温度

9~11

容量

750ml


Abellerol(アベジェロル)について

アベジェロルとは、畑やワイナリー周辺で見られる、鮮やかな姿をしたオオルリという小型の野鳥から付けられました。

アベジェロルのワインには、自社農園産こだわりのマスカット・デ・フロンディジャンを100%使用しています。20kgの箱で丁寧に手積みでの収穫後、除梗し、圧搾。発酵を行い、澱とともに4ヶ月間熟成させています。

2020年は、コロナウィルスの影響で全体的な交通量が減少したことから、例年の異常気象から回復し、気候に恵まれました。うどんこ病の影響により、ぶどう収穫率が50%減少してしまいましたが、秋は涼しく、夏も穏やかで、ぶどう栽培に適した気候が続いたことから、品質の高いワインとなりました。

アベジェロルの味わい

ほんのりと緑がかった明るいレモンイエローの色調を持ちます。

アベジェロルは、マスカット・デ・フロンディジャンの良さを最大限に活かした驚くほど芳香な香りに、可憐な味わいを楽しめるアロマティックなワインに仕上がっています。

口に含むと、ぶどうやライチ、白桃の甘美でフルーティーな甘さが心地よく、バラやオレンジの花、ジャスミンなど白い花を思わせるような華やかなアロマが広がります。

アタックは優しく、豊かな果実味を持つマスカット種100%の辛口オーガニック白ワインです。

アベジェロルとのペアリング

フルーティーさからくる自然な甘さとドライな味わいが非常にバランス良く、オレンジの柑橘系の香りや白い花のアロマが華やかに鼻を抜けていくアベジェロルは、さっぱりとした料理やアジア料理、シーフード料理とよく合います。また、爽やかな味わいを持つため、食前酒としてもおすすめです。

具体的には、生春巻き、帆立貝のカルパッチョ、大根や春菊のサラダ、といった軽めの前菜や、ヤリイカのフリット、白身魚、甲殻類とのペアリングもお楽しみいただけます。

アベジェロルの受賞歴

アベジェロルは、さまざまな権威あるコンテストにて、金メダルや銀メダルを含む多くの賞を受賞しています。

  • ギルバート&ガイヤールコンペティション2018で金メダル
  • ギルバート&ガイヤールコンペティション2016で銀メダル
  • デカンター2016で銅メダル
  • デキャンターワールドワインアワード2017で表彰 
  • カタビナムワールドワイン&スピリッツコンペティション2013、2015、2016、2017で 銀メダルGirovi 2013

Bodegas Torre del Vegue(ボデガス・トレ・デル・ベゲールに)ついて

1878年に設立されたボデガス・トレ・デル・ヘゲールは、13世紀から続くワイン造りを継承している歴史あるワイナリーです。

ボデガス・トレ・デル・ヘゲールのぶどう畑は、D.Oペデネスのペネデス・マリティムというエリアに位置しており、海辺から数十キロと近いことから、カタルーニャの他の地域の土壌とは異なる大きな塊の石灰質土壌を特徴としています。有機物の非常に少なく、ミネラリーな味わいを特徴とします。

2013年からは有機農法を始めており、オーガニックワインとしては2016年から認証を取得、2018年にはヴィーガン認証も取得。亜硫酸塩、砂糖の使用を最小限に抑え、人の手を加える事を最小限に抑えた農業を心掛けています。

まとめ

数多くの高品質スペインワインを生産しているD.Oペネデスの魅力とおすすめの白ワインをご紹介しました。ペネデスの白ワインは、非常に香り高く、スッキリとした酸味でフレッシュな味わいが魅力です。

本記事でご紹介したD.Oペネデスのおすすめ白ワイン「アベジェロル(Abellerol)」は、うっとりとするほど華やかなでアロマティックな香りが特徴です。フルーティーさとほんのりとした甘みがバランス良く感じられ、飲む人を選びません。

歴史あるスペインのワイナリー、ボデガス・トレ・デル・ヘゲールが丁寧に仕上げたマスカット・デ・フロンディジャン100%のペネデスワインとともに、優美な時間をお楽しみください。