ボデガ・ラス・セパス
Bodega Las Cepas

リオハの中心都市であるログローニョから南25㎞の所に位置するボデガス ラス セパス。オーナーのご兄弟、兄サンティアゴ氏(畑担当)、弟アルベルト氏(醸造家)が2003年以前は葡萄を生産するだけでしたが「代々続くこの土地の限られた生産だが上質な土壌と環境を自然派ワインという形で兄弟で作り届けたい」そんな想いから1995年よりオーガニック農業を開始しており、認定を受けていた葡萄を使いワイナリーを立ち上げる事を決意。他のワイナリーよりも規格が小さい12㎏のかごを使い、全て手摘み、垂直型空気圧式圧搾機を使う事により時間は通常の圧搾機よりかかりますが葡萄への負荷を最大限減らし、腐敗を防ぎ、香りと味わいを損なわないように絞り出します。コルクは天然である事は当然ながら、段ボールもリサイクルの物を使用するなど彼らの環境配慮の理念はワイナリー随所に伺えます。醸造家のアルベルト・ラミレス氏の指揮の元、畑と併設する農場でも自然環境に配慮、共存を理念に、降水量が少ない地域である良気象条件に加え、害虫が少ない環境の元、オーガニックの葡萄を栽培するのに適している事に着目しオーガニックワインを作っています。有機栽培の葡萄からワインを作る為、除草剤や合成農薬は使用しておらず。 殺虫剤の代わりに、合成性フェロモンによる害虫の交尾を攪乱させ直接殺す事はせず、次世代の発生を抑制する方法を使用しています。オーガニックにこだわり、土壌と環境の自然的生命力を大切にし、最大限ワインに還元する為の努力を日夜惜しまず、葡萄畑や品質管理に拘ったワイナリーです。リオハ南部の乾燥地帯に位置する為、夏は暑く、冬は寒いと寒暖差が多く、降水量も少なく、わずかに流れ出る地下水源の川などの天然水のみを使っています。畑の合計敷地面積は52ヘクタールだが1箇所では無く、複数の周辺地域に区画ごとに所有している。こちらのワインに使用する希少土着品種マトゥラナは約4~5ヘクタールの畑でのみ生産されておりウルニュエラ近くに有し、スペイン国内、全世界でもこの地域に少量しか存在しない白ブドウである。
並び替え
特選オーガニック3本セット

特選オーガニック3本セット

¥10,340¥9,306
弊社の誇るオーガニックワインから、厳選した3本をお届けします。カヴァ(泡)・白・赤が1本ずつセットになっています。どれも、繊細な味わいの中に力強さも備えており、風味豊か。何気ない日常に、パーティに様々なシーンで喜ばれるセット。
ガルナチャ 1921

ガルナチャ 1921

¥6,050
テイスティングコメント ルビーレッド色調。ブラックベリーやプルーンのような若干甘やかで、熟した黒系果実のアロマ。ほのかにスパイシーで時間と共に複雑味を増す。樹齢100年を超えるガルナチャ100%の希少ワイン。 奥行きもあり、滑らかな口当たりで余韻もしっかり楽しみたい逸品。 ストーリー リオハ固有の赤ブドウ品種。 リオハ内で生産される葡萄の比率でいうと全体の7%にあたるガルナチャ、決して主要品種では無いが、高樹齢のガルナチャを有機農法で作る事に拘って作り上げている。 畑の登録が1921年であり、この名称となっているが、実際にはもっと古くから植えられていた為、樹齢は100年を超え、リオハの800mという高地で作られるリオハワインだが、スタンダードなリオハワインではない、特別な逸品。 商品データ 原語 Garnacha 1921 種類 赤ワイン 原産国 スペイン 産地 D.O.Ca.リオハ 生産者 ボデガ・ラス・セパス ヴィンテージ 2020 ブドウ品種 ガルナチャ 100% アルコール度数 14.5% 容量 750ml おすすめ料理 -...
最高峰格付けD.O.Ca.リオハが贈る希少赤ワイン2本セット

最高峰格付けD.O.Ca.リオハが贈る希少赤ワイン2本セット

¥12,100¥10,890
スペインワイン最高峰の格付けD.O.Ca.を持つリオハから、超希少品種100%の赤ワインと、樹齢100年以上高樹齢ガルナチャ100%の希少ワインセット。スペインで定められた厳しい条件を満たすと名乗ることのできるのがD.O.(原産地呼称制度)であり、高品質なワインの証明でもあります。そしてさらなる厳格な条件を満たすと名乗ることができるのがスペイン最上級のD.O.Ca.(特選原産地呼称)です。スペインの数あるワイン産地の中でも、この最高峰の格付けDOCa(特選原産地呼称)を持つのは、リオハとプリオラートのただ二つ。その中でも、さらに希少で魅力的なワインをセットにしました。1本目 ラエルテスレイ落ち着きのあるルビーレッドの色調。レッドチェリーやザクロのような赤系果実のアロマ。滑らかな口当たりで穏やかな酸とタンニンのバランスが心地良い。オーガニック認証を受けた畑での古代品種の再生が楽しめる。2本目 1921ガルナチャルビーレッド色調。ブラックベリーやプルーンのような若干甘やかで、熟した黒系果実のアロマ。ほのかにスパイシーで時間と共に複雑味を増す。樹齢100年を超えるガルナチャ100%の希少ワイン。奥行きもあり、滑らかな口当たりで余韻もしっかり楽しみたい逸品。
レア品種2本セット

レア品種2本セット

¥8,580¥7,722
絶滅しかけたレアな品種白ロゼセット1本目:シェヘラザード表情豊かなオーガニック、甘美でエキゾチックな味わいは一度で虜に!温度変化によって様々な表情が楽しめます。味わいはミネラル感、果実味をしっかりと感じ、ふくよかでフルーティーな仕上がりです。2本目: アラグ・ロゼ フォルカリャ華ほのかにフルーツキャンディのニュアンスがあるチャーミングなロゼワイン!酸味は穏やかでボリューム感もあります。穏やかでエレガント、希少品種で造られたハイクオリティな個性派ロゼを是非お試しください。
ラエルテス・レイ

ラエルテス・レイ

¥6,050
テイスティングコメント 落ち着きのあるルビーレッドの色調。レッドチェリーやザクロのような赤系果実のアロマ。滑らかな口当たりで穏やかな酸とタンニンのバランスが心地良い。オーガニック認証を受けた畑での古代品種の再生が楽しめる。 ストーリー リオハ固有の赤ブドウ品種マトゥラナ・ティンタ。 リオハの原産地呼称でしか認定されておらず、リオハで栽培される全ての葡萄の比率の内、僅か0.5%にしか収穫がない、希少品種。 オーガニックでの栽培もリオハで生産されるワインの10%という点で、リオハワインだがスタンダードなリオハワインではない事に拘った逸品。 ラエルテス王とはギリシャ神話のトロイア戦争(トロイの木馬)など多くの物語で語られる英雄オデュッセウスの父にあたり、農業や肥料、葡萄畑に関わる人物として語られている。 リオハで栽培される品種の比率として、たった0.5%にあたるマトゥラナ・ティンタは決してリオハの王道では無いが、昔から存在していた土着品種、それとギリシャ神話英雄の父という、決してメインキャラクターでは無いが、欠かす事の出来ない存在という似た性質を重ね合わせた事が名前とラベルデザインの由来。 商品データ   原語 Laertes Rey 種類 赤ワイン 原産国 スペイン 産地 D.O.Ca.リオハ 生産者 ボデガ・ラス・セパス ヴィンテージ 2019 ブドウ品種 マトゥラナ・ティンタ 100% アルコール度数 14.5% 容量 750ml...